英語

TOEIC高得点の主婦は再就職に有利になるのか?【再就職マニュアルつき】

 

元々正社員として働いていたけど、結婚や出産の関係で退職、ただ子供が大きくなってきたのでまた復帰したい。その際にTOEICを持っていると就職しやすくなったりするのかな

こんな疑問を解説します。

結論から言うと、職種によっては有利になる可能性があります。

TOEICで高スコアを持っている=英語ができる人材と評価され、そのような人材を求めている企業では優遇されるでしょう。

ただ、TOEICスコアだけで就職できるほど現実は甘くありません。

この記事では、主婦の方の再就職を応援するべく、戦略的&TOEICスコアを用いながら再就職していく方法を解説していきます。

 

本記事のトピック

TOEICは主婦の再就職のに役立つのか
主婦の再就職のネックとなる要素とは
正社員を目指すためにするべきこと

TOEICは主婦の再就職のに役立つのか

前述したとおり、TOEICは主婦の再就職に役に立つ可能性があります。

例えば、以下のような職業では役に立つと大いにいえるでしょう。

英文事務職
留学カウンセラー
子供向け教室
英語学校の受付少しだけ英語を使う営業事務

どれも英語に携わるお仕事です。再就職にTOEICのことを気にしている主婦の方であれば、少なからず英語に携わるお仕事をしたいと考えているでしょう。

そうであれば、TOEICのスコアはほぼ間違いなく評価対象になります。

もしあなたが英語学校の受付の採用を任された時、TOEIC500点のAさん、TOEIC800点のBさんのどちらを採用するでしょうか。

間違いなく後者のBさんでしょう。

受付は学校の顔でもあり、その学校の第一印象にも影響します。

英語が話せない人が受付の英語学校なんて・・・と思われないためにも、会社としては英語力がある人を優遇して採用したいのは確かです。

結果、TOEIC800点のBさんは英語力を評価され、採用されることになりました。

ただ、必ずこのようにことが進むとは限りません。主婦の方が再就職するために、ネックになる要素と言うものが存在するものなのです。

主婦の再就職のネックとなる要素とは

主婦の方の再就職の際にネックになる要素はこちらです。

ブランク期間
勤務時間
年齢
プライド

ネックになる要素、つまり採用時の不安要素です。

下で詳しく解説します。

ブランク期間

退職からどのくらいの期間が空いたのか、ブランク期間が最も重視されます。

ブランク期間が長いと言うことは、仕事感覚が薄れている可能性が高いからです。

あくまでも、会社は即戦力を求めています。ポテンシャルで採用するなら新卒で間に合っています。

仕事感覚が鈍ってないと思われるためには、できるだけブランクの期間を空けないことが鉄則です。

一般的に「3年以上」ブランクがあると、再就職が厳しくなってくるそうです。もし3年以上ブランクがあるのであれば、最初はパートなどで働く感覚を取り戻すところから始めてもいいかもです。

勤務時間

まだ子供が小さいので時短勤務で・・
保育園や幼稚園の関係で、残業はできません・・

など勤務時間に不安がある人は採用されにくい傾向があります。

会社は基本的に選ぶ立場です。時短勤務を希望する人よりフルタイムで働ける人を採用したいと考えています。フルタイムで働ける人の採用に勝る何かがあれば別ですが。

残業ができないと言うのもネックになりがちです。なぜなら何かトラブルが起こった時に、上司が対応しなければならなくなります。

年齢

一般的に35歳以上は再就職が厳しいと言われています。これは主婦の方に限らない問題です。

比較的年齢を召した方が就職活動をしていると「こいつ、なんでこの年齢で就職活動してるんだ?」とマイナスなイメージを持たれがちです。

この点は、先方にしっかり事前説明をしておくことが大切です。

プライド

「私は前職で部下を何人もまとめてました!私にできないことはありません!!」

一見、とても頼もしいようですが、場合によってはネガティブなイメージを持たれることもあります。自分に誇りを持つことは素晴らしいですが、プライドが高いと思われてはいけません。

プライドが高い人が入ってくると、職場環境が悪くなりがちです。

主婦のが再就職する時に最もありがちな不安要素が「プライドが高い」ことみたいです。

自分をアピールするのも大切ですが、程よく謙虚にいきましょう。

正社員を目指すあ主婦方のするべき6つのこと

「TOEICの必要性」「不安要素」が分かった今、あとは行動に移すのみ!

正社員になるために必要なステップは以下の通りです。

勤務時間を柔軟に動かせる環境を持つ
求人情報をチェックする
TOEIC以外(プラスα)の武器
インターンに参加する
戦略的に面接を受ける
面接で熱意を見せる

詳しく解説します。

勤務時間を柔軟に動かせる環境を持つ

前述した通り、勤務時間に融通が効かないと採用に至らないケースがあります。

近所の人や保育園や幼稚園に協力をお願いしたりして、協力体制を整えておくべきです。

厳しい場合は、選考に進める企業が少なくなる覚悟が必要です。

求人情報をチェックする

自分が働きたい業界、企業をピックアップしておくと、あらかじめ準備しておくことができます。

自分が志望する企業を決めておきましょう。

TOEIC以外(プラスα)の武器

TOEICのスコアが高いのは素晴らしいです。

ただ、それ以外のプラスαの武器があると、他の応募者と差別化ができます。

簿記などの資格、前職の経験などなんでもいいので、自分の強みをまとめておきましょう。

インターンに参加する

すぐに正社員として働くのは少し不安・・と思う方は、インターンシップから始めてみるのもいいかもです。

ワークアゲインという会社が、そんなママ達専用のインターンシップ先を紹介しています。

インターンからでも働きたい方には、かなりオススメです。

https://workagain.waris.jp

戦略的に面接を受ける

ここまでできたら、最終段階。

ただただ面接を受けるのではなく、戦略的に面接を受けることが必要です。

簡単に言うと、常に相手の立場で考えて発言をすること。

・この人は会社に与えてくれる価値は何か
・この会社が求める人材か
・一緒に働きたいと思う人か

中でもこの3つは重要です。

相手が自分に求めること、自分が会社にできることをすり合わせて、不安要素を全て払拭できれなあなたの勝ちです。

面接で熱意を見せる

最後に、最も大切なコト。

面接では熱意を見せるべし!!

「やる気が感じられない」
「この会社に貢献できそうに思わなかった」
「熱意が感じられなかった」

こんな理由で面接に落とされた方が大勢いるそうです。そのくらい「熱意」を持つのは大切。

ここも逆の立場で考えるとわかりやすいのですが、やる気のない、熱意を感じない人より「この会社で働きたい!!いや、働くんだ!!」みたいな熱意のある人間の方が惹かれませんか?そう言うことです。

大切なコトなので、もう一度。

勤務時間を柔軟に動かせる環境を持つ
求人情報をチェックする
TOEIC以外(プラスα)の武器
インターンに参加する
戦略的に面接を受ける
面接で熱意を見せる

この記事を読んで、これらを完璧にすれば先が明るくなるのは間違いなしです。

一気に全て始めるのは大変なので、1つずつ解決していきましょう。

*「TOEICはマジで人生を変える」と実際に感じた僕の体験談、そして最も効率の良い学習法をまとめたので、気になる方のみご覧ください。(僕の体験に興味のない方は見ないでください。恥ずかしいので。笑)

↓TOEIC300点UPで僕の人生が360°変わった話↓

[nlink url="https://kirimun.com/toeic-changed-life/"]

\この記事はいかがでしたか?/

-英語

© 2020 kirimun.com Powered by AFFINGER5