未分類

【将来の不安】自由にお金が使えない!?ようにならないための3か条

将来ある程度自由にお金を使えるように、今から対策をしたい。けど実際、何をすればいいか全然わからん。ヘルプミー!

こんな疑問を解決していきます。

結論として、3つのパターンがあります。

1:会社に在籍してたくさん稼ぐ
2:節約しまくって貯金する
3:個人で稼ぐ手段を身につける

この記事ではこれら3つのパターンについて詳しく深掘りしていきます。

それではみていきましょう。

会社に在籍してたくさん稼ぐ

まず1つ目は、会社に在籍してたくさん稼ぐことです。

たくさん稼ぐためには、給料UP、つまり昇給する必要があります。

キャリア支援をしている会社dodaは給料UPさせる多ための方法として以下をあげています。

1:昇進して、職級をあげる
2:資格を取得する
3:高成績を収める
4:転職する

昇進して、職級をあげる

昇進して、職級が上がると、必然的に昇給します。

昇進しても給料が上がらない会社もあるもかもしれませんが、ほんのごく一部でしょう。

ちなみに、昇進と昇給の平均はこんな感じです。

主任:10,000~20,000円UP
課長:30,000~50,000円UP
部長:50,000~80,000円UP
出典:【昇給と昇格について】違いや平均値なを徹底解説致します

資格を取得する

会社によっては、資格を取得すると給料が増える場合があります。

会社として、社員に資格取得を促すことでモチベーションUPや業務の質を高めるための有用な投資となります。

IT関連の会社であれば「基本情報技術者」「応用情報技術者」、海外関係であれば「TOEIC」「IELTS」など多種多様です。

自身のスキルアップにもなるので、資格取得は給与面以外でもプラスにはたらく部分が多いです。

仕事で高成績を収める

仕事で高成績を収めると給料UPの可能性があります。

会社に貢献して利益を生み出したら、その一部がキャッシュバックとし追加給料になる、みたいな感じですね。

よくドラマで壁に営業成績が張り出されてるのみたことないですか?そんな感じで高い成績を収めると、給料UPの可能性ありです。

ただ会社によって規定が全く異なるので、事前に聞く必要があります。

転職する

最後は、転職です。

参考にしているページ元のdodaは転職エージェントを運営している会社であり、転職をかなり推しています。

会社のビジネスモデルを考えると当たり前な現象ですが、僕個人的には、最終手段かなと思います。

上記3つの方法を試した上でうまくいかなく、現状に納得がいかないところまで行けば、転職もありかなと思います。

節約しまくって貯金する

節約することも、稼ぐことと同じくらい大切です。

給料20万のAさんと15万のBさんの比較です。

Aさんは給料が20万で月に4万残ります。

Bさんは給料が15万でAさんのより5万円も給料が低いですが、Aさんより2万多い6万円残ります。

この二人の違いは一体何なのでしょうか。

これがいわゆる”節約力”です。

ちなみに節約には2種類あり

1:固定費の節約
2:流動費の節約

があります。

固定費の節約

固定費の節約とは、毎月固定で発生する支出を減らすことです。

先程の表を例に出すと「家賃」が固定費です。

他にも「携帯料金」「インターネット回線」「Netflixなどの定額サブスクリプション」などがあります。

会社から少し遠くなるけど、家賃が3万少ない家に転居したり、スマホを格安にしたり、様々な方法があります。

これら固定費を減らすことで、圧倒的に節約になります。

流動費の節約

流動費とは、毎月バラバラで発生する費用であり、簡単に言うと固定費以外の支出です。

先ほどの表では「食費」や「交遊費」などが挙げられます。

お金の不安を出来るだけ減らすためには、流動費の節約もすべきです。

流動費が多いと月の支出が安定しないので、いついくらお金があるのかわからなくなり、不安につながります。

交遊費が5万の月があったり、10万の月があったり、不安定な支出は精神をも不安定にします。

逆に月々流動費を固定したり、これ以上は使ったら行けない上限を設けたりすると、うまく支出を減らすことができ、達成感と共に自己肯定感も高まります。

個人で稼ぐ手段を身につける

これが一番最強で、個人で稼ぐ手段を身につけることがお金の不安を解決するために最も有用です。

理由は単純で、会社や組織に左右されずに収入があるからです。

いくら昇進して給料を上げることができても、いくら固定費と流動費の節約に専念しても、会社が倒産、リストラされたら、一巻の終わりです。

そのためには、個人の稼ぐためのスキルを身につけること、いわゆる手に職をつけることが最重要です。

世の中には手に職がつく職がいくつかありますが、ここでは僕がオススメの3つの職を紹介します。

1:営業
2:エンジニア
3:Webマーケター

営業

営業はモノを売る仕事で、対人間力が求められます。

対人間力とは、文字の通り、対人間で必要な力で「コミュニケーション力」「論理力」「観察力」など様々なスキルが凝縮されたものです。

簡単にいうと、売るモノが変わっても売れるスキル、みたいな感じです。

エンジニア

エンジニアは、顧客の欲するITサービスをヒアリングして設計したり、プログラミングをして制作したりする仕事です。

現在、様々なITサービスが発展する一方、エンジニアの数が不足しており、これからも不足数は加速すると言われています。

需要があるので、今後仕事に困ることはないでしょう。

Webマーケター

Web担当者は、Web上でのマーケティングを担当します。Webマーケティングの主な目的は、Webサイトの登録者数やPVなどの増加です。Web担当者はその目的を達成するために、さまざまな施策を講じます。その後、施策の結果からユーザーの流入経路や離脱率を分析し、施策の検証・改善を行います。
出典:Webマーケティングとは?Web担当者(Webマーケッター)の仕事内容

IT化が進む世界で、Webマーケターの需要も伸びつつあります。

本記事ではお金の不安をなくす手段として、以下3つを紹介しました。

1:会社に在籍してたくさん稼ぐ
2:節約しまくって貯金する
3:個人で稼ぐ手段を身につける

↓人気記事はこちら↓
[nlink url="https://kirimun.com/future-anxiety-cant-money/"]
[nlink url="https://kirimun.com/future-anxiety-job-dissapper/"]

\この記事はいかがでしたか?/

-未分類

© 2020 むんろぐ Powered by AFFINGER5