キャリア 就職活動

【就活生必見】大手病にかかりやすい典型な人6選

投稿日:2019年10月12日 更新日:

この記事を読む前に、まず【大手病】が何かわからない方は↓こちら↓

大手病、怖いな・・・
自分は大手病にかかりやすいのかな
どんな人がなるのか知りたい

この記事はこのような悩みを解説していきます。

どういう人が大手病にかかりやすいのか。

以下6つの特性に当てはまる人は要注意です。

・周囲の目を気にして就職活動をしている
・家族、両親が高学歴、又は大企業
・マーチなどの有名大学に在籍
・人に自慢できるかどうかで会社選びしている
・なんとかなるだろ精神
・大きな組織、力のある組織にいないと自分は無力だと感じてしまう

早速、1つずつ見ていきましょう。

スポンサードサーチ

周囲の目を気にして就職活動をしている

大手病にかかるかからない以前に、周囲の目を気にして就職活動をしていると、必ずと言っていいほど就職活動に失敗します。

なぜならそこに自分の心はないからです。

その会社に入りたい明確な理由があるならOKですが、大半の人は”この会社に入社した自分も会社のように価値がある人間”という思い込みの下、自分が周りから評価されるであろう会社(特に、名の通っている大企業且つBtoC)を選ぶ傾向にあります。

もし自分が大手企業を目指しているのであれば「なぜその会社にいきたいのか」を再度考えて見てください。

もし、その会社じゃなくてOKという考えに至ったら、危険信号です。

人に自慢できるかどうかで会社選びしている

上と少し被りますが、人に自慢できるかどうかで会社を選んでいると、後々の人生がしんどいと思います。

いわゆる大企業に就職して大学生活後半にイキがっていたやつが、入社して半年で会社に会わずに辞職・・・みたいな。

よく聞くケースですし、僕の知り合いでもこのようなケースで新卒入社から半年で辞めた人がいます。

新卒入社から3年未満でやめる割合が30%以上ある要因の1つはまさにこれだと思います。

周りに自慢するために大企業がいい!と少しでも感じている人は、再度考え直した方が身のためです。

スポンサードサーチ

家族、両親が高学歴、又は大企業

親が高学歴、又は大企業に勤めていると大手病を患う可能性が高いです。

なぜなら、無意識のうちに「大企業は安泰」という時代にそぐわない概念を形成してしまっているからです。

このように、最近大手企業では急速なリストラがあとを絶たず、会社にぶら下がっているだけの人間は人生がオワコン化してます。

特に、家族、両親に「大企業に入社して成功しているモデルケース」があると、ついつい大企業を選びがちです。

「親が大企業だから・・・」
「兄が大企業で成功しているから・・」

などの理由で大企業しか眼中にない、と考えている方は、自分がその人生に満足できそうなのであればOKですが、少し心が揺らぐのであれば、もう少し考えて見てください。

マーチなどの有名大学に在籍

聞いた話ですが、関関同立やマーチに在籍している学生ほど大手病にかかりやすいそうです。

有名大学に在籍していると、よく「〇〇くんって〇〇大学なんだ!すごい!とか周りから評価されることが多いですよね。(地元の有名私立大に通っている中で感じた経験)

その直線上で、周りから評価されたい学生は、自分分析や業界分析をしないまま就職活動をするのでよくわからずに大手企業しか眼中にないことがあります。

大手企業は悪!と言っているのではなく、人それぞれ大手が向いている人もいれば中小の方が活躍できる人もいます。

その判断ができないのであれば、大手企業以外にも視野を広げる必要性が高いです。

スポンサードサーチ

なんとかなるだろ精神

なんとかなるだろ精神を持っていると、基本的に物事をポジティブに捉えられるので、人生が楽です。

ただし、就職活動において、この「なんとかなるだろ精神」はあまり役に立たないです。

役に立たないというか、邪魔です。

就職活動は、正直自分が動かないとなんとかなりません。

自分が動かなくても内定をいただける会社に入社しても、その先に明るい未来を描くのは厳しいです。

現時点で自分の将来を考えることを放棄する人が、これから先の自分の未来を考えることができるでしょうか。

もう一度、就職活動は、考えなしになんとかなるものではなく、自分が動かないとなんともなりません。

他人任せの人生でもOKであれば構いませんが、他人任せにしたくないのであれば、小さいことでも構わないので、行動してみてください。

大きな組織、力のある組織にいないと自分は無力だと感じてしまう

周りに「俺は芸能人の知り合いがいる」「友人は超金持ちで、別荘を持っている」など、自分に関係ないのに自慢する人間いたりしませんか。

心理学でこのような専門用語があります。

栄光浴とは・・・
評価の高い人や集団との関係を強調することで自己評価を高めようとする傾向
参考:[自己概念(栄光浴・ジョハリの窓)と説得方法 : 心理学用語集]

実は、その行動は「栄光浴」という言葉で説明でき、高い評価をされている人の近くにいることで、自己評価を高めようとすることを言います。

いわゆる「虎の威を借る狐」ですね。

少し話が脱線しましたが、大手病に取り憑かれている学生は「栄光浴」を求めていることが多いです。

ただ、はっきり言ってそれは錯覚であり、実際あなたがすごくなるわけではないので、大手企業に入社する以外にも中小やベンチャーで個人のスキルを高めていく方が安心だったりします。

スポンサードサーチ

最後に

いかがでしたでしょうか。

以下がこの記事のまとめです。

どういう人が大手病にかかりやすいのか

・周囲の目を気にして就職活動をしている
・家族、両親が高学歴、又は大企業
・マーチなどの有名大学に在籍
・人に自慢できるかどうかで会社選びしている
・なんとかなるだろ精神
・大きな組織、力のある組織にいないと自分は無力だと感じてしまう

大手病への対処法はこちらの記事で6つの方法をピックアップしてまとめています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-キャリア, 就職活動


ブログネーム:きりむん

人生の幸福度を”少し”あげちゃうブログ「きりむんドットコム」の運営者。

【お金を稼ぐ&節約・語学力・ブログ運営情報】を通して、将来の不安を解決。そして、人生の幸福度を高めるノウハウを発信してます。キャッシュレスLOVE。

【経歴】カナダ・アメリカ留学
【語学】英中西仏韓
【海外旅行】23カ国
【ブログ】月3000pv/収益4桁