キャリア 就職活動

【カンタン無料】就活が不安な21卒は登録するべきOfferBoxとは?

投稿日:2019年10月20日 更新日:

21卒。来年からの就活が不安で仕方ない。
マイ○ビ?リ○ナビ?何に登録すればいいの?

この記事ではこんな悩みを解決していきます。

結論から言うと、マイ○ビもリ○ナビも登録して、さらに【OfferBox】に登録するべきです!

一体それはなぜなのか。

この記事では

・OfferBoxとは
・OfferBoxとその他就活サイトの違うところ
・OfferBoxを使うメリット

を紹介していきます。

この記事を読んだ後は、OfferBoxとは何か、OfferBoxの活用方法が丸わかりで、スムーズな就活を始められるでしょう。

スポンサードサーチ

OfferBoxとは


OfferBoxは2019年10月現在、17万人以上の学生が登録しており、就活生の4人に1人は利用しているサービスです。

大手・ベンチャー・官公庁など、5,370社以上の企業が学生にオファーを送信しています。

さらに学生のオファー受信率は93.6%(プロフィール入力率80%以上・2020年卒・2019年5月時点の実績)であり、プロフィール入力率を80%以上にすると90%以上の人にオファーが届くようになってます。

✔️Point

17万人以上の学生が登録しており、就活生4人に1人が利用してる!

↓30秒で無料登録はこちら↓

そんなOfferBox、他の就活サイトと何が違うのでしょうか。

OfferBoxとその他就活サイトの違うところ


OfferBoxの特性を一言でまとめると

企業が興味をもった学生に
オファーする就活サイト

です。

一般的に、就活といったら学生側からエントリーして応募する流れですが、OfferBoxでは逆に「企業からオファー」が来ます。

マ○ナビとかでもオファーくるよね、同じじゃないの?

いい質問です!

確かに、マ○ナビなどのサイトからもオファーはくるのですが、決定的な違いが1つあります。

それは

企業が学生に送れるオファー数が決まっている

ことです。

オファー数が決まっているので、企業側はしっかり学生を選別して、オファーを送る必要があります。

一方、マイナビなどの大手就活サイトでは、毎日山ほどのオファーが来ます。

そして特に選別はされてないので、形ではオファーになりつつも、実質オファーと言えるようなものではありません。

ただOfferBoxはきちんと選別をしてオファーを送るので、学生と企業の間でより質の高いマッチングを行うことができます。

✔️Point

OfferBoxでは企業から学生にオファーがくる。
そして、オファー数には制限があるので、選別された、自分にあったオファーが来る可能性が高い!

スポンサードサーチ

OfferBoxを使うメリット

OfferBoxを利用するメリットは以下です。

・登録企業が多い
・写真や動画を作ってアピールできる
・比較的、精度の高いオファーが来る
・適性診断AnalyzeU+を無料で受けることができる
・就活の視野を広げられる

1つずつ見ていきます。

登録企業が多い

実は、他にもスカウト型の就活サイトはいくつかあるのですが、他のスカウト型サイトの登録企業数が400前後なのに対して、OfferBoxには5000社以上の企業が登録してます。

実績と信頼を積み上げてきたからこその結果だと思います。

比較的、安心して利用できる理由の1つです。

写真や動画を作ってアピールできる

OfferBoxでは、文章だけではなく写真や動画を用いてプロフィールを構成することもできます。

文章を作るのが苦手だったり、自分をうまく言語化してアピールできない学生には、とても有用です。

比較的、精度の高いオファーが来る

前述した通り、オファー数が限られているので、精度の高いオファーが来ます

ただ、たまによくわからない、絶対プロフィールを読んでないであろうオファーが来ることも事実です。

企業の人が手動でオファーをしている以上、一定の変なオファーがあることは仕方がないです。

ただ、その場合はボタン1つで拒否できるので、特に気にしないでOKです。

適性診断AnalyzeU+を無料で受けることができる

OfferBoxに登録すると「AnalyzeU+」という無料の適性診断を受けることができます。

「AnalyzeU+」とは経済産業省が推奨する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を25項目に答えるだけで測ることができる、累計100万人以上が利用している超お手軽ツールです。

「社会人基礎力」「次世代リーダー力」など様々な側面から自己分析をすることができます。

OfferBooxはプロフィールを充実させればさせるほどオファーが来やすい傾向にあり、その際に大いに役に立ちます。

↓30秒で無料登録はこちら↓

就活の視野を広げられる

OfferBoxでは、志望業界以外の企業からもオファーが来るので、様々な業界からのオファーが来る場合があります。

まず、自分が行きたい業界以外からオファーが来ると、びっくりしますよね。

ただ、もしかすると、その時点で自分が気づいてないだけで、実はその業界に適性がある可能性もあります。

自分が行きたいと思っている業界を絞るのも大切ですが、最初のうちは絞らずに幅広く視野を持つことが超大切です。

ぶっちゃけると、利用者の多くは当初志望していた業界以外に就職する傾向が高いというデータがあり、まさに視野を広くした結果のあらわれではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以下、この記事のまとめです。

✔️Point

・OfferBoxとは
17万人以上の学生が登録しており、就活生の4人に1人は利用しているサービス。

・OfferBoxとその他就活サイトの違うところ
OfferBoxでは企業から学生にオファーがくる。
そして、オファー数には制限があるので、選別された、自分にあったオファーが来る可能性が高い!

・OfferBoxを使うメリット
登録企業が多い
写真や動画を作ってアピールできる
比較的、精度の高いオファーが来る
適性診断AnalyzeU+を無料で受けることができる
就活の視野を広げられる

これだけのボリュームで、しかも無料です。

就活に不安を感じる21卒の方は、とりあえず来年の就活に向けて登録しとくべきです。

↓30秒で無料登録はこちら↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-キャリア, 就職活動


ブログネーム:きりむん

人生の幸福度を”少し”あげちゃうブログ「きりむんドットコム」の運営者。

【お金を稼ぐ&節約・語学力・ブログ運営情報】を通して、将来の不安を解決。そして、人生の幸福度を高めるノウハウを発信してます。キャッシュレスLOVE。

【経歴】カナダ・アメリカ留学
【語学】英中西仏韓
【海外旅行】23カ国
【ブログ】月3000pv/収益4桁